BTS 「Spring Day」6年ぶりに返り咲き、83カ国/地域iTunes「トップソング」驚きの首位獲得!

BTSの「Spring Day」が6年ぶりに再びグローバルチャートに衝撃を与えた。

13日、オリコンが発表した「オリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキング」*(12月12日付)で、BTSが2017年に発売した『WINGS外伝: YOU NEVER WALK ALONE』のタイトル曲「Spring Day」が驚愕の1位を獲得した。同チャートの順位圏外に位置していた「Spring Day」の順位が急上昇し首位を獲得した。

また、「Spring Day」は12日から14日午前8時まで基準で米国、日本、ドイツ、英国、フランスなどをはじめ計83ヶ国/地域のiTunes「トップソング」チャート1位を記録した。 多数の国/地域「トップソング」チャートでは年末を迎え、Carolジャンルが勢いをみせる中で、Mariah Careyのメガヒット曲「All I Want for Christmas Is You」を抜いて「Spring Day」がチャートトップに上がった。

このような「Spring Day」の逆走行にはARMYの底力があった。 12日付で全員軍服務に突入したBTSの2025年完全体活動を待つファンの暖かい心がチャートに反映されたものと予想される。

「Spring Day」はBrit-rock的な感性とエレクトロニックサウンドが融合したAlternative hip-hopジャンルの曲で、RMとSUGAが作曲に参加して遠くなった友人との出会いを待ちながら希望を失わないというメッセージが盛り込まれた曲だ。

*<クレジット:オリコン調べ(2023/12/12付)>

BTS(公式ホームページ

BTS(ユニバーサルミュージック公式ページ

よかったらシェアしてね!
目次