BTS JIMIN・JUNG KOOK、米ビルボード年末決算メインチャート入り、K-POP歴代級ソロ記録が続く!

BTS JIMINとJUNG KOOKが米国ビルボード年末決算チャートで記録を出した。

22日(韓国時間)、米国音楽専門メディアビルボードが発表した2023年年末決算チャート(YEAR-END CHARTS)によると、JUNG KOOKのソロシングル「Seven(feat. Latto)」がメインソングチャート「Hot 100ソング」で82位にチャートインした。 このチャートにK-POPソロ歌手の作品が入ったのは2012年PSYの「江南スタイル」以来11年ぶりだ。

7月に発表された「Seven」はこの他にも年末決算「グローバル200」(17位)、「グローバル(米国を除く)」(10位)、「デジタルソングセールス」(10位)などにチャートインしたが、わずか3ヶ月で成し遂げた超高速成果という点で意味が大きい。

「グローバル(米国を除く)」にはチャーリー・プースとの協業曲「Left and Right(Feat. JUNG KOOK of BTS)」(186位)、2022 FIFAワールドカップカタール™公式サウンドトラック「Dreamers」(187位)が布陣し、「デジタルソングセールス」では「3D(feat. Jack Harlow)」が31位にチャートインした。

JIMINのソロアルバム『FACE』はメインアルバムチャート「ビルボード200アルバム」に193位となった。 これでJIMINはK-POPソロ歌手としては年末決算「ビルボード200アルバム」に初めてチャート入りする記録を立てた。

『FACE』は「トップアルバムセールス」(25位)と「トップカレントアルバムセールス」(18位)でも席を占め、同アルバムのタイトル曲「Like Crazy」は「グローバル200」(61位)、「グローバル(米国除く)」(46位)、「デジタルソングセールス」(5位)に上がった。 「デジタルソングセールス」では収録曲「Set Me Free Pt.2」が29位にチャートインした。

「トップアルバムセールス」と「トップカレントアルバムセールス」ではBTSメンバーの活躍が目立つ。SUGAの『D-DAY』(22位)、RMの『Indigo』(32位)、Vの『Layover』(44位)、J-HOPEの『Jack In The Box』(66位)が「トップアルバムセールス」に入り、「トップカレントアルバムセールス」には『D-DAY』(17位)、『Indigo』(21位)、『Layover』(30位)、『Jack In The Box』(49位)の順でチャートインした。

ビルボード年末決算チャートは1年間、各部門で最も人気を集めたアルバムや歌、アーティストなどを選定して順位をつける。 2023年年末決算チャートの順位は、2022年11月19日から今年10月21日までの各種チャートの成績を基に付けられた。

BTSの「Dynamite」は「グローバル(米国を除く)」で168位に、この部門の年末決算チャートが新設されて以来3年連続チャートインし、名実共に「グローバルメガヒットソング」であることを立証した。

BTS(公式ホームページ

BTS(ユニバーサルミュージック公式ページ) 

よかったらシェアしてね!
目次